HEROES FACTORY

海外に挑戦する寿司職人たちのブログ

Page 2 of 4

シンガポール鮨日記④

先日知人の紹介で「すしみつや」さんにお邪魔して参りました!

 

先ずはお通しブリの煮付けから

お任せで握って頂きました。とても楽しそうに握られる大将(^^)こちらも嬉しくなります。

大きな赤座海老

赤座海老

先程の鰯の骨、おつまみに最高です。

牡蠣は握りと悩んだ末そのままで。

煮蛤

のどぐろ

小肌。このぐらい深めに切り込むと美しい形になるのですね☆

初めての形の鯖

手巻き

小鯛の潮汁

穴子

肝ソースでシャリも(^^)

デザート3種。嬉しいですね!

写真を数えてみると20貫ほども頂いていました。握りだけでこんなに頂いたのは初めてです。千陽はこんなに種類を揃えられている時がないので見習いたいです。大将、勉強させて頂いて有難うございました!!ご馳走様でした。

 

 

素敵な絵!!

シンガポール千陽で土田マネージャーのお鮨を食べられたお客様が、そのお鮨からのインスピレーションで素敵な絵を描いてくださいました!!

 

こちらはその絵の展覧会の様子

期間限定で千陽に飾らせていただいております。

タイトル「千陽」

「鯖」

中央の女性が絵を描いてくださった石橋マミさん。とっても素敵な方なのです(*^^*)

一点は売約済みとの事です。

是非ご覧になってマミさんのインスピレーションを感じてみてください!

 

明けましておめでとうございます

す皆様新年明けましておめでとうございます!2018年も鮨千陽を宜しくお願い致します!

シンガポールはチャイニーズニューイヤーが主流でほとんどのお店が休みなく開いており、シンガポール千陽も2日より通常営業しております。

 

昨年末仕込みましたこちら

鰤の蕪寿司、盛り付けますと

こんな風になりました!初めて頂いた蕪寿司が得意ではなく、その日から苦手だとばかり思って来ましたがとても美味しく頂けました。是非ご賞味ください。

千陽の定番、ケラ焼きも伊達巻風に(^^)お待ちしております☆

 

 

 

今年も‥

9月にシンガポールに来て早くも大晦日!気候の為もあり、信じられない豊島です。

 

シンガポール店はたまやさんの休みと同じ営業日となっておりまして本日も通常営業しております。通常23時30分までの営業なのですが、その後片付けながら年越しになるのか‥?はたまたお客様と乾杯しているのか?!もしくは土田マネージャーと?!

単身のお客様!!そうでないお客様も、鮨千陽シンガポールで2017年最後のディナーはいかがでしょうか(^^)?ブログみたよ!とお声かけ頂けましたら本日はスペシャルサービスしちゃいます!

 

皆様、2017年も大変お世話になりました。今年も鮨千陽を応援いただきまして誠に有難うございました。良いお年をお迎えくださいます様お祈り申し上げます。

新年営業は2日18時より、お正月特別メニューをご用意してお待ちしております。

土田マネージャーの故郷のお料理、蕪寿司の仕込み

ミニお雑煮も土田スペシャルです。私実はあまり得意でない食べ物も土田マネージャーのお陰で好きになった物が沢山あります。是非ご賞味ください!

 

シンガポール鮨日記③

こんにちは。先日お客様からオススメ頂いたお寿司屋さん、「海神」さんにお邪魔して参りました。

有難いことにグループ会社のスタッフの方にお誘い頂き、お客様の奥様と三人で楽しく頂いて来ました(^^)

 

お店に入るとローカルスタッフの方がお出迎え。現地待ち合わせで一足先に着いていたのですが、日本語で明るく話しかけてくださいました。

 

前菜三種

あん肝ポン酢ジュレ

お造り。沢山の種類を丁寧に盛り付けてくださいました。

ウニいくらのせの贅沢茶碗蒸し

チーズの麹漬け

蒸し物。これまた盛り沢山でここまででかなりお酒が進んでしまいました^^;

いよいよお寿司!

綺麗な赤身

カニ、味噌ものせて

ウニ軍艦、ウニがこぼれそうです!

ハリイカ

赤貝

ゲソをおつまみで(*^^*)

女子会盛り上がり過ぎて色々取り損ねてしまいました‥

シンガポールのお寿司屋さんはどこもボリュームがあり、なかなか追加まで辿り着けません。

海神さん、ご馳走様でした!!

シンガポール鮨日記②

シンガポールで2回目のお寿司コースを頂いて参りました。お店の名前は「心臓」さん。

一品一品心を込めて作り、おもてなししたいという思いでつけられたお名前の様です。

カウンターがあって、裏にもキッチンが、、という感じではなく、本当にオープンキッチンで職人さん全員のお顔が見られます。全員ローカルの方だったのですが、動きが職人さんそのもの。お話ししなければ目配り気配り、日本のしっかりした割烹に居るようです。人気があるのも頷けます。

 

生牡蠣

前菜が続き

お造り。鰤、トロ、特大ボタン海老に貝柱。鰤もしっかり大きく厚めでとてもボリュームがあります。

茄子田楽

お肉とガーリックチップ

いよいよお寿司です!!

箸休め、干し柿を巻いたもの。チビチビかじりながらお酒も美味しいです。

鰯の炙りにおろしをたっぷりと。

蟹!

トロ炙り

トリ貝

穴子

留椀

デザート3種!!

いつもなら絶対に追加をお願いするのですが、お腹一杯過ぎて出来ませんでした(>_<)

大満足のボリュームでした!ご馳走様でした(^^)

 

 

 

 

こちらも3年連続!!

先日ミシュランガイドに3年連続掲載のご報告をさせて頂きましたが‥

 

食の都・大阪グランプリ和食部門にて鮨千陽、3年連続優勝致しました!!

和食部門の今回の応募総数は94作品、プロの料理人だけが応募できるコンテストです。

 

2代目、4代目店長が和食部門優勝に続き、今回は千陽で最速握り担当デビュー、二階コース担当デビューも果たした期待のルーキー、田場がやってくれました!

沖縄出身の田場、地元の新聞にも掲載されました。

 

千陽最年少職人高井も佳作に入賞、19歳と20歳の努力家の2人が早くも結果を出してくれましたが、これからまだまだ伸びると思うと楽しみです。皆様これからも応援宜しくお願い致します。

 

優勝作品は「炙り大阪穴子の巻き寿司」

他部門優勝者の方と並ぶ田場

ももこさん、門上さんと高井

飲食人大学校長と高井、田場(^^)

 

 

 

年末年始営業のお知らせ

ふシンガポール千陽       年末年始の営業について

1月1日お休みさせて頂きます。

1月2日18時より15日まで、お正月特別メニューをご用意してお待ちいたしております。

飲食人大学名物、高田統括講師と、京都でミシュラン三ツ星のお店でも修行していた土田マネージャーのコラボレーションの献立を是非ご賞味ください(^^)

献立の全貌はお楽しみに!食材が届いたり、仕込みの様子などまたご紹介出来たらと思います。

 

 

シンガポールの市場

シンガポール千陽では魚は全て築地市場から、野菜もほぼ築地から仕入れております。

しかしシンガポールの周りは海、何か使える物もあるのでは?市場はどんな感じなんだろう?と土田マネージャーと共に出掛けて参りました。

営業終了後、車で約30分、シンガポール北部にあるセノコ、というマーケットへ。

入り口でビザを提出し引き換えに入場券を貰います。

久しぶりの市場のかおり(^^)

ザルにお魚てんこ盛り

吊り下げの計り

ザルで氷は少なめ、やっぱり生では厳しいかな‥

チリクラブに使われるマッドクラブかな?身がしっかりしていて、美味しいんですよね。

ちょっと分かり辛いですがマナガツオです。こちらでは小型ですがスーパーでも沢山売られています。まだシンガポールでマナガツオ料理には出会っていませんが、バングラデシュではカレー味の唐揚げで登場したので、インド系の方はそのように召し上がっているのではと思われます。

こちらでポピュラーと思われるマナガツオ、生食はされていないでしょうから日本から仕入れ、お出ししたいとオーダーを入れますが築地からはなかなか入りません。大阪中央市場ではいつもいたんですが‥

 

小型のエイ。こちらではよく食べられるそうです。洋食で食べたことはありますが、シンガポールでは未経験。アンモニア臭が出てしまうので鮮度と調理が重要と聞いた事があるのですが、どんなお料理になるのかな?

魚は鮨ネタには微妙であったので、この日は海老とアサリ(マレー語ではララと言うそうです)を購入して帰りました。

 

タイガープラウン、やはり冷凍物より美味しかったです(^^)

ハタ系のお魚もちょこちょこあったので、鮮度良く手に入れられたらと思うのですが‥釣りに行くしかないかな?!もしシンガポールの漁師さんにお知り合いがおられましたらご紹介ください(^.^)

 

 

 

 

 

 

シンガポール鮨日記

先日、予約が取れないと噂の鮨はし田さんにお邪魔して来ました。シンガポールで千陽以外でコースのお鮨を頂くのは初めてで、ドキドキわくわくしながら参りました!

毎度のことながら、楽しみ過ぎて入口を撮るのを失念。お任せをお願いして、コシヒカリ仕立てのビールがあると言うことでそちらから頂きました。

 

一品目 お芋のお豆腐

茶碗蒸し

お造り。大阪ではよく水蛸を使っていましたが、こんなに大きな物は初めて見ました(^^)

やっぱり和食でお魚には日本酒ですよね。

秋らしい包み

朴葉味噌焼にココナッツバターとあん肝外国の添えられていました。

このお味噌が辛すぎず程よく伸ばされていてお酒が進む進む、ここにココナッツバター外国のまためっちゃ合うんです。あん肝も甘辛く炊いてありこれまた‥酒泥棒です!!

(勝手に)盛り上がり過ぎてお鮨になかなかたどり着けません(^^;)

名残惜しみつつ朴葉さんが終わったと思ったら!またまた酒泥棒登場。

クエのしゃぶしゃぶ、タラの白子、ボラの白子!ボラの白子は初めて頂きました。卵巣のカラスミはおなじみですが、白子も美味しいのですね。身を食べる機会もないかと思いますが、沖の方の水の綺麗なところで取れたボラはお造りも美味しいそうです。スズキなどもそうですが汽水域(海水と淡水が混じり合っている水域)付近だとクセが出る様です。

 

いよいよ真打!お鮨!!

こちらはトロのミルフィーユ握り。

ここから生ハムの様に薄く削いで握ってくださいます。ただでさえトロけるトロがフワッとさらに美味しくなります。

 

いつもなら追加は出ていないもの全部!とお願いするのですが、前半ではしゃぎ過ぎお腹が一杯気味‥しかしお勉強に連れて来て頂いているのでここは外せない穴子を注文。二種に分けてくださいました(^^)

お椀を頂いて

デザート三種。大満足です!ご馳走様でした。

後日なんとご主人が千陽までご挨拶に来て下さったそうで、お会いできず残念でした。メッセージ有難うございました。

連れて行って下さったT様も有難うございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older posts Newer posts »

© 2018 HEROES FACTORY

Theme by Anders NorenUp ↑