こんにちは!

先日、シンガポールのミシュラン1つ星「すし道 Shinji」さんにお邪魔してきました。
「すし道 真次」は東京銀座にある「鮨 かねさか」のシンガポール店です。
シンガポールに2店舗あるそうです。

今回5つ星ラグジュアリーホテルの「セントレジス・シンガポール」の中に入ってる2号店に行かせて頂きました。
店内は明るめで天井も高く落ち着いた雰囲気で入ると最初に目に飛び込んでくる壁一面に日本酒、ワインがずらりと並んであるのが印象的でした。

新鮮な魚は週に4回、築地から空輸され他の食材も全て日本から仕入れているそうです。
今回は前菜一種、お造り三種、一品物三種、握り9貫、留椀のランチコースを頂きました。
一貫一貫、丁寧で握り具合も口の中でほぐれ、シャリの大きさも丁度良く勉強になりました。その他のお料理も美味しく大将の食材へのこだわりを感じました。

そして何より笑顔が素敵な大将の菊池さん!
魚の事、器、お酒を熟知されており質問しても分かりやすく説明してくださり、とてもお話が面白く勉強になりました。
私も色々勉強しないといけないなと痛感しました。

落ち着いた素敵な空間と美味しいお鮨を頂きとても幸せな時間を過ごさせて頂きました。
有難うございました。