シンガポール千陽のお酒ラインナップをご紹介します!

 

基本的に大阪千陽と同じ、お鮨に合うこだわりの日本酒にビオワインを日本から空輸しております。日本食屋さんの多いシンガポール、様々なお酒を置かれておりますが、千陽ラインナップはシンガポールでは千陽でしか飲めないと思われます!!

 

ご来店頂いている方はよくご存じかと思いますが、千陽でイチオシさせて頂いている日本酒が

 

「nechi」

 

 

お米から一貫造り、新潟県糸魚川市の根知谷で全て造られているお酒です。豪雪地帯でお米作りは大変なのではと思いますが、雪解けの綺麗なお水で丹精込めて作られ、またその美味しいお水でお酒も仕込まれておられます。ワインでいうテロワール、という考えを大切にされておられ、お米の作り方も継承して行きたいとの思いだそうです。

 

シンガポール千陽では

越淡麗壱等米

五百万石特等米

五百万石壱等米

をご用意しております。根知谷産100%で造られており、「五百万石特等米」は高価ではありますが、特等米を収穫出来た年しか造れないので特に貴重なお酒です。

 

 

千陽のワイン!

お鮨にワイン?と思われるかもしれませんが、合うものをご用意させて頂いております。

 

大阪千陽でも常にありますのが

白ワインでは

「杯中至楽」

日本固有の葡萄品種、甲州の魅力を最大限に引き出したワインです。飲むほどに楽しくなるお酒でありたいとの思いでのネーミングだそうです。私は基本は和食には日本酒を合わせますが、このワインはお鮨の食中酒にも最適と思います(^^)ホームページを開くと日本のワインは日本酒です!!との始まり。素敵な気概ですよね。

 

赤ワインでは

「GABU」

こちらも日本固有の葡萄品種、マスカットベーリーAを使用。お鮨に赤?鮪や穴子くらいしか合わないんじゃ?と思っておりましたがスッキリとした飲み口ですので通しても楽しんで頂けるのではと思います。

 

 

他にもオススメのお酒、季節のお酒など取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております!