HEROES FACTORY

海外に挑戦する寿司職人たちのブログ

シンガポールの老舗 白石

 

シンガポールのリッツ・カールトンホテルに入っている白石さんに行ってきました。
こちらの白石がなければ、シンガポールの和食業界はここまで盛り上がらなかったと言う方もいるほどの老舗です。

この日は千陽スタッフ一同でおじゃまさせていただきました。

今回連れて行ってもらった社長と白石さんはお知り合いで、この日は本来白石さんはお休みでしたが、わざわざ握りにきて下さいました。大変有り難かったです。
私たちが頼んだのは、おまかせコース。
通常130ドルの寿司コースがランチの中では一番高いメニューですが、それ以上に品数も多く出していただいたのでかなりサービスをしていただいたと思います。
最初は、先付け4種。

 


いくら
れんこんと白滝の炒め煮
銀杏
とうもろこし

大将は、いくらを出した際に、「少し皮が残っちゃうかも」とおっしゃってましたが、全く気になるほどではなく、美味しくいただきました。

そうした事も素直にお客様に伝える大将の姿に、嘘のない真摯にお客様に向き合う大将の気持ちが伝わってきてわたし自身少し嬉しくなりました。

れんこんの炒め煮はどこか懐かしい感じがし、
銀杏は程よい塩加減で、ビールとの相性が最高でした。
とうもろこしは2種類ありましたが、どちらも甘く美味しかったです。

 
続いてお刺身。

 


甘エビ、かつお、トロ、カンパチ

 


握りのまえに、海老の頭とシッポをカラッと揚げたものもいただきました。
そしてお待ちかねの握りです。


ハマチ


コハダ


トロ


イカ


石垣ガイ

 

うに

づけ

穴子


かっぱ巻き


まぐろねぎま汁

合間に加賀太きゅうりもいただきました。

 
最後にデザートのあんみつ。

 

 

 


食中にいただいていた”澄月”という秋田の純米吟醸も印象的でした。
お燗上げといって、熱燗でいただくとより美味しさが引き立つお酒だそうで、日本酒の大会で優勝もしたようです。

 
全体的に量も十分でお腹いっぱいになりました。

 

初めての白石さんでしたが、
どこか親しみらしく、しかし品格のあるお鮨屋さん。
大将の人柄の良さも一瞬で伝わってきて、居心地がとても良かったです。
またタイミングが合えば、夜にお邪魔したいと思いました。

 

 

皆様

いつも大変お世話になっております。

2020年東京オリンピックに向け

東京が動き出しています。

その1つに今年決定した

築地市場移転。

長年の歴史があり移転は寂しい。。

それに伴い今回シンガポールから!!!

今お付き合いしている魚屋さんに

伺って来ました!

早朝3時

築地市場は賑わってました。

今回特別に関係者しか入れないエリアに

入る事が出来ました!!

少し築地内をご紹介させていただきます。

まず初めに向かった先は

大量の魚がある鮮魚コーナー

そこには色んな魚がいました。

次にウニコーナー

カーテンをくぐると山積みのうにが!!

この量でもかなり少ないよう。

これから競りに向け目利き中の方々。

何と高いもので一箱8万まで跳ね上がるんだとか。。

恐ろしい。。

次に向かった先は皆さんご存知

本マグロ!

今朝水揚げされたマグロたち

美味しそう。

中にはあの大間のマグロがちらほら

ひときは目立っていました。

ですが今年はやけに水温が高い為旬はもう

少し先だと。。

何だかんだ歩いてるうちに

気づけば2時間も歩きっぱなし

築地場内に吉野家1号店も。。

 

楽しい時間でした。

築地の皆さん長い間ご苦労様でした。

新天地でも美味しいお魚を宜しくお願いします!

また日頃からご愛顧いただいている方々

これからシンガポールにいらすご予定の方

これからも自信を持って魚を提供致します。

是非お気軽にお立ち寄りください!

スタッフ一同お待ちしております。

お鮨屋さんレポート

皆様いつもお世話になっております。

鮨 千陽 シンガポール店です。
先日シンガポールにある青木さんに
お邪魔してきました。
 シンガポールの中でも数ある有名店。
なんとミシュランスターを断ったとか、、
どんな料理が出るのかワクワク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早速入り口から迫力あるドアがお出迎え
中に入るとお客様でいっぱい
私達がいただくコースは
もちろん青木シェフのおまかせコース。
コース料理の内容はこちらです。
・先付
 
こちら容器かと思いきやなんと昆布でできておりがぶり。
蓴菜の食感もたまりません、、
続いてお造り5種に、お椀物!!
出汁の効いた葱鮪汁、温まります、、
 そろそろ握りかと思いきや焼き物まで!!
ここまででも大満足ですがここから待ちに待った握りです◎
平目
雲丹
ずっしり詰まったネギトロ巻き
デザートはなんと4種類も!!
 
結論から言うと、、
大満足!!!
このボリュームでこの値段!と言う印象が強かったです。
他にも色々なメニューがございます。
詳しくは下記URLをご覧ください。
青木さん
楽しい空間をありがとうございました!

ミシュラン1つ星! 匠 達広

Continue reading

ホールスタッフに新しいメンバーが加わりました

いつもお世話になっております。
鮨 千陽シンガポール店です。
7月より新たにホールスタッフが加わりました!!
(写真右)
折角ですのでメンバーより簡単にご挨拶させていただきます。
____
初めまして。
千陽シンガポール店でサービススタッフとして、今月七月から働いております桐生杏美と申します。
前職は航空会社で客室乗務員として働いており、お寿司が好きで世界中のステイ先で、その土地土地のお寿司を食べて来ました。
それぞれの国らしさがお寿司に出ていて、面白さや発見はありましたが、美味しいと思える海外のお寿司はなかなかありませんでした。
ですが、シンガポールに旅行で来た際に千陽でお寿司を食べて、その美味しさに驚きました。このクオリティと値段のギャップにもです。
そして、この度ご縁あってシンガポールの千陽でお世話になることになり、私自身大変ありがたく思っています。
今後はこの千陽の美味しいお寿司を世界中の人にもっと知ってもらいたい、千陽のファンを増やしたいと考えています。
前職での経験を活かしながら、笑顔で明るく接客して参りたいと思いますので、皆様どうぞ宜しくお願い致します。
____
強力な新生が加わった鮨 千陽!!
皆様のご来店心よりお待ちしております。

御礼&ご挨拶

皆様こんにちは。豊島です。御礼が遅くなりましたが、シンガポールでは大変お世話になりました。有難うございました。

お客様はもとより、運営会社の皆様、たまやの関係店舗の皆様、たまやダイニングのキッチンスタッフ、千陽のサプライヤーの方々にも大変良くして頂きました。拙過ぎる私の英語でも聞いてくださり、温かい励ましを頂き、失敗して怒っていても謝ると気にしないで!ととても大らかにすぐ笑顔を見せて頂いて‥

お鮨の事だけではなく、文化の違いも沢山勉強する事が出来ました。良い経験をさせて頂き、会社にも、千陽スタッフにも感謝しております。

1番お世話になったシンガポール千陽スタッフのサムさん

サービスマネージャーのシーラさん

リリーさん

 

とてもシャイで中々目を合わせてもらえなかったアファーやアチャン

たまやの料理長にはご挨拶出来ずに帰国してしまったのが心残り‥皆様本当にお世話になりました。重ねて御礼申し上げます。

7月25日より、韓国ソウル、明洞のロッテデパート千陽で勤務開始致します。韓国へお越しの際は是非足をお運び頂けましたらと思います。皆様引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

 

   豊島

ご挨拶

いつもお世話になっております。

鮨千陽シンガポール店の田場です。

私田場は

大阪の本店で

約一年の修行を経て

7月からシンガポール店で勤務しております。

自分自身初めての海外で

英語も全くダメで、凄く不安でしたが、

現地の方々に温かく迎えて頂き

楽しく過ごせております。

これからも

お客様のお力をお借りしながら

自分自身成長させて頂き、鮨千陽シンガポール店を

盛り上げていけたらと思います。

是非シンガポールにいらした際には

お気軽にお立ち寄り下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

ご報告

鮨千陽シンガポール店、豊島です。7月9日を最後にシンガポール勤務を終える事となりました。10ヶ月、長い様であっという間でした。この後一時帰国し、韓国店に参ります!

先日のお客様のお誕生日

 

千陽本店より後任として田場が1日よりシンガポール勤務を開始しました。新しいサービススタッフの方も入り、今までとはまた少し違う雰囲気となったシンガポール千陽を見ていただけましたらと思います。

 

シンガポール勤務も後1週間の私、出来るだけ沢山のお客様にお会い出来ます様お祈りしております(^^)

高田統括講師も来星中。昨日は一緒に板場に!!さすがの接客でお客様が皆様とっても楽しそうにしてくださっておりました。本日も板場に入ってもらう予定です!!皆様お見逃しなく!!

 

 

シンガポール B級グルメ

こんにちは。

鮨 千陽 シンガポール店です。

 

本日は、先日ローカルのお友達に紹介してもらったシンガポールの知られざる隠れB級グルメをご紹介したいと思います!

 

その名も「クレイポットライス」!!

 

何かと言うと、ご飯と鶏肉を入れた土鍋をアッツアツに加熱して炊いた土鍋ごはんなのです。

 

食べ方はというと、

注文したクレイポットライスが運ばれてきたら熱いうちにすばやく混ぜる!!が鉄則のようです。

私たちが行ったときはすべてお店の人がやってくださいました!

 

それがこちら!!

 

4人で食べてもお腹いっぱーいになるこの量でなんと15ドルでした。

 

鶏肉の肉汁がたっぷりとご飯に浸透していて、濃いめの醤油のしょっぱさがなんとも病みつきになるB級グルメでした^^

 

私が今回お邪魔したのは、チャイナタウンにある庶民派ホーカーズ「ChinaTown Complex」の2階にあるお店です。

 

 

建物は、まさにザ・ローカル。女性だとちょっと入るのに躊躇しますが・・・入ってみると、地元民で溢れていて味は文句なしです!

 

皆様もシンガポールにお越しの際は、ぜひ試してみてください◎

 

 

1つ星のお店でお勉強☆

先日知人の89歳のお誕生日会があり、一泊で帰国して参りました。お誕生日会は京都祇園の予約のなかなか取れない大渡さんでありました。半年以上前からの貸切予約です(^^)

京都らしい中庭

一品目は自家製の胡麻豆腐。練り胡麻からでなく胡麻から作られているそうです。練り胡麻からでも結構大変なんです。心して頂きます。

贅沢な唐墨蕎麦!こちらも唐墨は自家製。ぱさぱさしておらずしっとりしているのでパウダー状の唐墨蕎麦よりもお蕎麦を手繰りやすく(^^)お蕎麦の実が良いアクセントとなり食感もとても楽しく堪らない一品、お酒との相性も抜群です!

こちらは鱧のヴィシソワーズ。中のゼリーは鱧のコンソメだそう!こちらも手間隙かかっております。30代から80代まで、全員大絶賛の一品でした。

 

ご主人大渡さん(^^)カメラを向けるとキメてくださいます。

節で登場した瞬間、艶かしいほどのツヤに思わず声を出してしまった鰹。身の方だけ軽く漬けになっており、皮目はパリっパリ。辛子が添えられておりますが、そのままでもとても美味しかったです。辛子もとても良く合いました。

余談ですが、シンガポール千陽では一日に鰹一匹は使い切れないためたまやさんと分けたりしますが、ローカルスタッフは良い鰹の時はベーリーセクシーカツオ〜!と表現します(^^)

 

 

季節感の溢れる真薯のお椀。真薯の中にはアワビが贅沢に隠れておりました!

鰊茄子。実は鰊があまり得意でなかったのですが‥しみじみ感じる美味しさ!鰊を好きになっちゃいました。

鱗ぱりぱり甘鯛。パリッとふわっと。どう料理しても美味しい甘鯛ですが、これ以外の調理法の時鱗を取るのが忍びなさすぎる私。(横の小さいのは知人の食べ切れない分です)

忙しくともキメてくださいます(^^)

お隣のお若い方はまだ19歳だそう。とってもしっかりされていて私ども全員興味津々。将来が楽しみな方です。

ご主人の名誉の為真面目なお顔も(^^)

熱々の鱶鰭!これまた手間隙かかっている濃厚なスープで。

名物、おくどさんで炊かれた御飯。黄身だけで卵かけご飯にもして下さるのですが、ご飯が美味しいのでおかずいらず。何杯でもいけちゃいます。御釜ごといけるかも‥三杯目からはそっと出し‥なんて言いますが、三杯目を超え、もじもじしてましたら大渡さんがずっと気にしてよそってくださいました^^;

 

黒糖蕨餅

卵白のお菓子

美味しくて五感に楽しいお食事、祇園という場所ですがご主人は気さくで肩肘張らずに楽しませて頂ける素敵なお店です。知人のお誕生日をお祝いする為に帰国出来ただけで大変有難い事でしたが、大渡さんにお邪魔出来た事も帰って良かった!と思わずにいられない事でした。

大渡さん、有難うごさいました。

« Older posts

© 2018 HEROES FACTORY

Theme by Anders NorenUp ↑